2012年01月04日

当たる!ロト6予想研究報告書

お金があれば何でもできる?

お金があればあんなこともできるのに!

お金があればこんなこともできるのに!

日常生活でそう思うことありませんか?

誰でもありますよね。

お待たせしました。
私が数年に渡り解析に解析を重ねた汗と血漿を詰め込んだマニュアルを作りました。やっと皆さんに自信を持ってご紹介できるものが


遂に完成しました!!
2010年のロト攻略はこれだ!

お金があれば何でも手に入るというのは極論だと思いますが、
お金があれば、たくさんの手に入らなかったものが手に入るようになります。


たった一度きりの人生です、明日死んでしまうかもしれない人生です。
まだ経験していない事を思う存分やってみたくはありませんか?
夢のセレブな生活 をちょっとのぞいてみたくはありませんか?
今までできなかったことを実現してみたくはありませんか?


コツコツと毎月払う年金、
本当に我々の老後時代にもらえるのでしょうか?
もらえたとしても 生活できるだけの金額 が支払われるのでしょうか?


退職金だって会社年金だって保証はありません。
会社がつぶれたら契約書だってただの紙切れです。
自分が本当に手にしたお金、信じる事が出来るのは リアルのお金 だけです。
目に見えるお金、または預金通帳に数字となって確認することが出来るお金です。


ある日突然、リアルな大金を手にする方法!!
しかも 家で、パソコンのキーボードをいくつかたたくだけでいいんです。
ATMを使ってやり取りをするだけで、あとは自動で大金が口座に振り込まれる、
こんな夢みたいな話  が実際にあるんです。


しかし、実際のところどうやってお金を作ったらいいのでしょうか?
現代の一攫千金という夢を与えてくれるもの


それはロトです!!



ここ数年で、お金に興味のある人なら殆どの方が「ロトがくじである事」くらいは御存じだと思います。
ただ、宝くじと一緒?だと考えている方も多いのではないでしょうか?
数字を抽選して当選数字を確定するという手段は一緒です。
ですが宝くじとロトは根本的な部分が違います。
何が違うかと言えば・・・
宝くじは、決められた数字を購入するものですが
ロトは自分で数字を決めることができるといった点です。


決定権(抽選の要素)を一方的に与えられるだけか、
こちらで仕込みが出来るかとでは大違いですね。


また、ロトはジャンボ宝くじよりも開催回数は飛躍的に多いんです。
シーズンに一度のジャンボ宝くじばかりを狙っていた時よりも、
購入回数が増えた分だけ当選の可能性もジャンプアップします。


しかし、ロトがくじである事は知っていても、あなたは本当のロトをご存知ですか?
1.当選金額も高額なので、なかなか手を出す気にならない。
2.当選するにはかなり気が遠い。
と、そんな印象のまま頭の奥に留めてしまってはいませんか?


ロトが大変身近で、入りやすいものだという事を是非この機会に理解して頂きたいと思います。


さて、実際にロトで億万長者になり、人生180度変わった方がどのくらいいらっしゃると思いますか?
年に数人?一人?二人?多くて5人くらい?
とんでもありません。


年間約50〜60人の億万長者が誕生しているんです。


毎年50〜60人の方が1億円以上を手にしているんです。
配当金が5000万円から1億円だった方に関しては、年間60人から80人いらっしゃいます。
そして、なんと


最高配当(繰り越しによる規定)の
4億円!が当選した方だって年間1人から3人もいらっしゃいます。




ロトがスタートしてから、もう450回 を超えています。
単純計算で


過去9年間で1億円以上当選した方は累計500人を軽く超えているんです。



さて、1回のロトでどのくらいの購入実績(売上げ)があるんでしょう?
購入者の頭数(購入者が実際に何人いらっしゃったか)のデータは御座いませんが、
口数にしますと約2000万〜2500万口 なんです。
毎週の売り上げは40億円代にもなるんです。

この口数を、そのまま日本の人口としてみましょう。
日本の人口が2500万人だと仮定して例えてみましょう。
この2500万人が毎週ロトを購入して、抽選されるチャンスがあるとします。


年間50人の当選者があると考えますと、
50/25、000、000ですから、購入者の約50万人に一人は億万長者になっているという計算です。


2500万人と仮定しましたので、日本の人口1億3000万人として算出しなおしましょう。
人口は約5倍になっています。
県人口も様々ですが、単純に 200万人〜250万人の人口を持つ県ならば、
毎年一人以上は億万長者が誕生している という計算になるんです。
東京都ならば、5人から6人が毎年億万長者の仲間入りをしているということなんです。

5000万円以上の当選者に注目してみましょう。
さらにハードルも低くなりますね。
年間110人〜140人(間とって125人にしましょう)の当選者があるとすれば
125/25,000,000ですから、購入者の約20万人に一人は5000万円以上を手にしているという計算になります。


20万人を同じように5倍にしましょう。
すると、100万都市で毎年一人以上が当選 しているということになるんです。
このレベルであれば、お隣さんや親戚や会社の人が5000万円以上当てたなんてことも充分あってもおかしくはないですね。


実際あなたの隣に今いる人かもしれませんよ。

このように日本には一攫千金で
突然棚からボタ餅となって懐に大金が入ってきたという方がこんなにいるんです。


思った以上の数の方が実際においでになられるんですよ。
あなたもその一人になる権利と可能性 は十分にあるんです。
人ごとではありません、せっかく有る権利です、せっかく与えられた権利です。


その権利を最大限に活かしましょう。


そして、ロトで1等を当てるということは、奇跡的な数字ではないんです。
充分対策さえ練れば、他の購入者よりも数段有利になるんです。


私のマニュアルは数万円です。その投資分、いやそれ以上に返ってくる可能性を考えれば、数万円なんかは必要経費 みたいなもんです。
しかしこの必要経費が無くてはあなたは肝心な情報を得ることはできません。
この情報を持っているかいないかとでは、飛躍的な差が出てしまうんです。


では「ロトという名前は聞いたことがあるけど全然無知だ」という方、
興味本位がきっかけで、たまたまこのサイトに訪問頂きました方
もいらっしゃるかと思います。
その方の為に、少しだけこの機会にロトの知識だけでも蓄えていってください。



★ロトの知識

ロトの抽選方法
ロト6の場合1〜43までの数字から6個抽選します。
その6個の数字を順番は関係なく当てる事が出来たら当選です。


ロトの抽選周期
週1回 (年間約52回)
毎週やっているんですよ。ジャンボ宝くじは年4回ですが、回数を見ただけでもチャンスは飛躍的に増えます。


ロト1口購入の値段
200円
1等をたった1口200円であてることだって可能性としてあるんですよ。あまり高額配当なんで1口500円〜千円くらいかと思っていた方もいらっしゃると思いますが、実は入りやすい価格なんです。


ロトの配当金
配当金は宝くじみたいに1等いくら、2等いくらとは決まっていません。
先ほど1回につき40億円の購入額(売上げ)があることは申し上げましたが、そこから機関の収入を差し引き、当たったかたの人数を頭割りして、配当金が算出されるので、毎回金額は違ってくるんです。

また、前回誰も当選者がいらっしゃらなければ、次の回に繰り越しという事になります。
最高額を4億円を限度に規定されていますので、当選者がずっと出なければ繰越金が加算され続けるということは御座いませんが、4億円当たればすごいですね。
ですが年間平均1人の割合で、配当実績もあるんですよ。


ロト購入場所
宝くじ売り場や、最近はみずほ銀行のATMのタッチ画面で購入することが出来るようになっています。ただし、みずほ銀行のカードが必要となります。もちろんカードを作るのは無料ですので、作っておくととても便利ですね。
しかも、当たった時には自動的に口座に入金となります。
取りっぱぐれも無いですので引き換え期間を気にする必要もないので便利です。


ロトの税金
ロトを含めて宝くじには税金(所得税)はかかりません。
1億円当てても、半額持っていかれるのではないか?という心配は不要です。
1億円当てたら、その金額をそのまま受け取ることが出来るんです。


少しでしたがロトの基本はイメージできましたか?
また、私のマニュアルを購入して頂ければ、他には何も用意して頂くものは御座いません。
追加料金も一切発生しません。




当たる!ロト6予想研究報告書




当たる!ロト6予想研究報告書
posted by ルリイウ at 17:28| Comment(0) | 当たる!ロト6予想研究報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。